穀物の有無がポイント

前述で、猫のペットフード選びでは穀物の有無が特に重要とご紹介しました。ここでは、その理由や注意点についてより詳しく掘り下げていきます。

まず、そもそも穀物とは何なのかについてご紹介します。穀物とは、主に小麦や大麦・とうもろこし・米・大豆・玄米などのことを指します。人間の食事でいうところの、いわゆる主食として使われることが多い素材といえるでしょう。炭水化物や食物繊維が中心的な成分となっており、エネルギー源や消化促進において役立ちます。ところが、それもあくまで雑食である人間に限った話です。こと肉食の猫が食べるとなれば、あまり適切といえません。

穀物を摂ることで懸念されるのは、消化異常やアレルギーといった症状です。下痢や嘔吐、全身のかゆみなどに繋がります。糖質の量に由来して、肥満傾向となる場合もあります。猫向けペットフードの中には残念ながら穀物入りの商品も少なくありません。ペットとして飼うのであれば、飼い主が責任をもって食事管理もしてあげなくてはなりません。こだわって選んであげましょう。

選ぶ際のポイントとしては、「穀物フリー」「グレインフリー」と記載されているかどうかです。この表記こそが穀物不使用の表示となるため、安心して与えられます。

Pocket