なぜ穀物が入るのか

穀物人間同様に、動物の医学も発展した昨今において、猫に穀物が適していないという考え方は広く知られています。だからこそ、穀物フリーを謳う製品も少なくないというわけです。では、なぜ適していない中でも穀物の入ったペットフードが流通し続けているのでしょうか。

理由は、たとえばかさ増しです。動物性たんぱく質は猫の栄養として適している一方で、比較的高価な素材でもあります。人間の世界でも、食パンと同量の肉を比べたとき、金額の差は大きく開くかと思われます。あれと同様で、コストにおいて負荷がかかってしまいます。製造コストがかかれば、もちろん販売価格も上がります。節約派をターゲットとするのであれば、やはり多少穀物が入っていても、安い金額で販売できるペットフードもまた必要となってきてしまうのです。

また、食物繊維が消化に役立つという謳い文句で含有している場合もあります。ですが、前述の通り穀物はアレルギーや肥満の原因になります。同じ食物繊維食材でも、さつまいもなどを使用しているものの方が安心といえます。

このような理由から、肉食である猫向けのペットフードにもかかわらず、穀物入りの餌が売られているのです。ですが、やはり理想は穀物フリーやグレインフリーです。できる限り、こだわってあげましょう。

穀物の有無がポイント

猫前述で、猫のペットフード選びでは穀物の有無が特に重要とご紹介しました。ここでは、その理由や注意点についてより詳しく掘り下げていきます。

まず、そもそも穀物とは何なのかについてご紹介します。穀物とは、主に小麦や大麦・とうもろこし・米・大豆・玄米などのことを指します。人間の食事でいうところの、いわゆる主食として使われることが多い素材といえるでしょう。炭水化物や食物繊維が中心的な成分となっており、エネルギー源や消化促進において役立ちます。ところが、それもあくまで雑食である人間に限った話です。こと肉食の猫が食べるとなれば、あまり適切といえません。

穀物を摂ることで懸念されるのは、消化異常やアレルギーといった症状です。下痢や嘔吐、全身のかゆみなどに繋がります。糖質の量に由来して、肥満傾向となる場合もあります。猫向けペットフードの中には残念ながら穀物入りの商品も少なくありません。ペットとして飼うのであれば、飼い主が責任をもって食事管理もしてあげなくてはなりません。こだわって選んであげましょう。

選ぶ際のポイントとしては、「穀物フリー」「グレインフリー」と記載されているかどうかです。この表記こそが穀物不使用の表示となるため、安心して与えられます。

推奨リンク<モグニャン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のキャットフード―MogNyan

体のことを知ろう

理想的なペットフードを考えるなら、まず体の特徴について知るべきです。食物は猫に限らず、体を作るための栄養源です。体に合ったものを選ぶことで、より適切な体作りに繋げられます。身近なところで見かけることのできる猫ですが、もちろん猫とは種族も姿形もまったく違うため、体の仕組みもあらゆる点で異なります。ペットフードを検討する場合、特にどのような点に着目すべきでしょうか。

猫の餌重要なのは、消化酵素についてでしょう。猫は本来肉食動物なので、たんぱく質を消化することに適した体内を持っています。その点、炭水化物の摂取はあまり適切といえません。特に穀物については消化が苦手であり、野生で口にすることは基本的にありません。にもかかわらず、ペットフードが穀物入りであった場合、どうなるでしょうか。体調不良を起こし、健康状態が悪化してしまうかもしれません。ペットフード選びのポイントといえるでしょう。

逆に理想的といえるのは、添加物の少ない動物性たんぱく質が中心となっている餌です。体作りに重要な栄養素であり、また消化もスムーズなので体調管理にも適しています。またその他にも、肥満を防ぐことに繋がる低GIのもの、国産素材を使用している餌というのも有効です。

猫に合うペットフード

ペットフードであれば、かならずしもペットに適切な存在かといえば、実はそうでもありません。本当にペットのことを思うなら、より質の高い、体調管理に適した餌を選んであげることが大切です。動物といっても、ペットとして飼うのであれば、いち家族と変わりありません。元気であれば幸せな気分になれますし、体調が悪くなったり、死んでしまったりすれば落ち込んだり、悲しみの涙を流すこともあるでしょう。大事なペットの食事を、こだわって管理してあげるべきです。

疑問猫今回特集するのは、ペットフードの中でも猫向けに作られた餌についてです。犬と並ぶ代表的なペット動物だけに、専用の餌も多種多様に販売されています。ですが前述の通り、ペットフードだからといってすべてが理想の餌とは限りません。猫のことをしっかり知って、どのような餌がどう理想的であるのかを把握しましょう。

以下では、そんな猫の体について、そして理想の餌を選ぶ際のポイントなどを特集しています。ペットフードにこだわれば、やはり費用の面も少し気になることでしょう。人間の家族同様、猫も食事は毎日欠かせません。少し価格が上がるだけでも家計に響くことでしょう。ですが、家族の一員である猫の健康には変えられません。月々の出費が実際増えることとなっても、決して損に感じることはないはずです。

また餌選びのポイントが分かっていれば、成分にこだわりながら節約することも可能となってきます。いずれにおいても、正しい知識が重要となってきます。当記事を活かして、理想的な餌選びを実現してみてください。