なぜ穀物が入るのか

人間同様に、動物の医学も発展した昨今において、猫に穀物が適していないという考え方は広く知られています。だからこそ、穀物フリーを謳う製品も少なくないというわけです。では、なぜ適していない中でも穀物の入ったペットフードが流通し続けているのでしょうか。

理由は、たとえばかさ増しです。動物性たんぱく質は猫の栄養として適している一方で、比較的高価な素材でもあります。人間の世界でも、食パンと同量の肉を比べたとき、金額の差は大きく開くかと思われます。あれと同様で、コストにおいて負荷がかかってしまいます。製造コストがかかれば、もちろん販売価格も上がります。節約派をターゲットとするのであれば、やはり多少穀物が入っていても、安い金額で販売できるペットフードもまた必要となってきてしまうのです。

また、食物繊維が消化に役立つという謳い文句で含有している場合もあります。ですが、前述の通り穀物はアレルギーや肥満の原因になります。同じ食物繊維食材でも、さつまいもなどを使用しているものの方が安心といえます。

このような理由から、肉食である猫向けのペットフードにもかかわらず、穀物入りの餌が売られているのです。ですが、やはり理想は穀物フリー、グレインフリーです。できる限り、こだわってあげましょう。

Pocket